JUショップ紹介

株式会社マイカー三喜

いつもプラスαのサービスを

「株式会社マイカー三喜」へのインタビュー

東京と埼玉を結ぶ大動脈である国道254号線で場所を変えずに長く営業する株式会社マイカー三喜さんにお邪魔してきました。
聞くと創業は昭和48年ということで、中古車業界に身を置くショップとしては老舗中の老舗です。色々なお話を代表である久慈社長と阿部専務を交えてお話を伺ってきました。


お客様は3世代に渡る

やはり創業が昭和48年ということでマイカー三喜を支持されているお客様の層は厚い。
2世代に渡るというのはよく聞く話ではあるが、3世代に渡るお店というのは創業後から相当な年月を経過していないと遭遇出来ない。
「お客様も親から子、そしてお孫さんへと幅広くなってきておりますので、当社で購入していただいている年齢層も20代から70代と幅広いです」とのこと。

株式会社マイカー三喜の写真

(左から)吉田店長と久慈社長と阿部専務

現在のマイカー三喜の販売形態は紹介や代替えのみに特化しているそうなので、基本的に多くの在庫車を置いて宣伝広告を積極的に行うようなスタイルを取っていないが、代替えのリピート率も6割〜7割を維持し続けているそうだ。
それはそれでとても効率的な手法ではあるが、当然ながらお店を支持してくれるお客様が大勢いてこそ成り立つビジネスモデルなので、何処のショップでも真似出来るものではない。


株式会社マイカー三喜の写真

基本的には営業3人と3頭の6人?体制

面白いエピソードを聞いた。
マイカー三喜では3頭の犬を飼っているのだが、そのうちの1頭は毎日近所のお客様が遊びに来てくれて散歩をしてくれるそうだ。残り2頭を阿部専務が毎日近所を散歩していると近隣住民からもマイカー三喜の人だと認識してくれるようになり、それから気軽にクルマの相談をされるようになったという。

「この近辺は新興住宅地が多いのですが、毎日色々なところを犬と一緒に散歩していると、近所の方から声を掛けられるようになりました。車検のお願いを受けたり、代替えの話につながったりと、この子達は当社の大事な戦力ですね」
犬の散歩で仕事に結びつくきっかけを運んできてくれたという話は他にも聞いたことはないが、このような形でお客様と知り合うきっかけもあるのだと妙に感心してしまった。

やはり信頼関係が大事ですね

先にも述べたようにマイカー三喜の営業スタイルは管理ユーザーの代替えと紹介に特化したお店なので、お客様との信頼関係をとても大事にしていると言う。
「自分達の評判を落とすような事にならぬように、販売させて頂くクルマは程度の良いものしかお売りしておりません。いいクルマを販売し続けていると信頼関係が新たな評判を生み、当社のお客様が他のお知り合いの方を紹介して頂けるようになりますので、いわばお客様が私どもの営業マンの代わりになってくださってます(笑)」とのことだ。
ひとつひとつの積み重ねではあるが、長い年月を経ていないとお客様がお客様を呼んでくれるような信頼関係は築けないと思う。その意味では決してお客様の信頼を裏切らない関係作りというのは並大抵のことでは出来ないであろう。

車検のお預かりであっても遠方まで伺います

マイカー三喜では、一度販売したクルマの管理はキチンと行うのが社の方針と言う。
「先日は車検のお預かりに神奈川県の二宮まで伺わせて頂きました。当社では人と人とのつながりを大事にすることでお客様との交流のコミュニケーションを図りたいという考えから、お客様からの依頼があれば遠方でも喜んでお伺いさせて頂いております。反対に遠方のお客様の方も直接会って話が出来ることで気持ちが通じて喜んで頂けているのがよくわかります。」とのことだ。
効率を重視した現在の主流の営業手法とは異なり、マイカー三喜の1人1人のお客様を大事にしている姿勢が垣間見れた気がした。

他店とは一風変わったサービスを提供

マイカー三喜では来店してくださったお客様に対して他店では行っていないような変わったサービスを行っている。

「近年セルフのガゾリンスタンドが増えてきた影響で、お客様の窓ガラスが汚れているクルマが増えてきました。セルフのスタンドだと給油時に窓ガラスを拭いてくれなくなりましたので、私どもでは来店してくださったお客様のクルマをお預かりさせて頂きまして、室内のクリーニングや窓ガラスの清掃作業を1台1台行っております。これは来店してくださったお客様にとても好評を頂いておりますよ」とのことだ。

株式会社マイカー三喜の写真

株式会社マイカー三喜の写真

さすがにこれには感心してしまったが、人と人とのつながりを大事にする姿勢を持っていないと出来ない事だろうが、そういうきめ細かい心配りがお客様の心をグッと握るのだろう。頼みもしないのに来店の最中に自分のクルマを綺麗にしてくれるのだから、お店から帰られるお客様の気分もきっと良い筈に違いない。
クルマ業界には厳しい情勢が続くなかで、1人1人のお客様を大事にするこのようなサービスはもっと広がっても良いアイデアではないかと思う。
まさにこれがマイカー三喜の言う「いつもプラスαのサービス」なのだろう。



会社紹介

株式会社 マイカー三喜
〒351−0014
埼玉県朝霞市膝折町2−12−51
TEL 048−464−0422
株式会社 マイカー三喜 ホームページ
http://www.mycar-sanki.com/

対応業務

  • 車検整備受け付け
    (他店の購入車両も受け付けます)
  • 鈑金・塗装修理受け付け
    (他店の購入車両も受け付けます)
  • 各種保険取り扱い

中古車販売情報

クルマ売るなら あなたのお近くのジェイ・ユーショップ買取店検索